世界の料理を日本で食べる!

世界グルメツアーズ~週末海外パスポートいらずの旅~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

キスするとコーヒーが無料になる店(世界料理ニュース)

キスをするとコーヒーがタダで飲めるというユニークなキャンペーンを、オーストラリア・シドニーのカフェMetro St Jamesが展開しています。カップルがお店にやってくると、キスしたらコーヒーがタダになりますよと話しかける店員。「本当のキスじゃないとダメですよ。キスの振りをしても分かりますから。私は専門家なので」と告げる店員の前で、笑ってキスするカップル。こんなふうに、次々とカフェを訪れたカップルがキスする――そんなキャンペーン紹介動画がMetro St JamesのWebサイトには掲載されています
引用元:livedoorNEWS


何か行動を起こす際、女性は言い訳が必要であると言われることがあります。
それはまさにその通りなのではないかと自分は思っています。いかにスマートな言い訳を女性に対して用意できるかが、物事を円滑に運ぶことの鍵となります。

例えばある男性が女性の家に泊めて欲しいと懇願したとします。この時、女性はその男性に対し好意を抱いており、本音では泊まって欲しいと思っていたとしても、OKを容易には出さないと思います。これは、自分は軽い女だとその男性に思われたくないと考えるからです。ただ、このままでは男性にとっても女性にとっても不幸な選択をしなければならなくなります。2人とも望んでいない答えを2人は選ばなければならなくなってしまいます。
そこでスマートな言い訳が必要になってきます。

(言い訳例)
・男性が終電を逃して、女性の家に泊まるしかない
これはもはや常套手段ですが、効果は抜群です。男性が策略として逃したことにして、女性が被害者ぶることもできます。

・DVDを一緒に観たい
これは怪しすぎる見え透いた言い訳ですが、女性も「自分も実はちょうど観たかったの」とか言ってしまえば、それが本当であろうがなかろうがOKです。そのDVDがレンタルで返却期限が翌日であれば言い訳のスマートさが一段と増します。

・家に出る幽霊から女性を守りたい
夜毎うなされると言う女性の家に、幽霊を退治してあげると意気込んで泊まったところ、本当に出た幽霊を目の前にして2人は恐怖し、そして自然と握られる手と手。こんなドラマティックな展開に持ち込めば言い訳としてもハリウッド級です。

・女性の家の近くのコンビニで大量のアイスを買ったが、食べる場所ないから泊めて欲しい
これは相当な上級者用の言い訳です。玄関の前で「だって溶けちゃうよ」を連呼し、否が応でも家に入ろうとする強引さが必要です。一歩間違えればどん引きされる行為を、どうやって冗談ぽく楽しい雰囲気にできるかがポイントです。女性の好きなアイス情報を予め聞き出しておいて、そのアイスがあることをさりげなく伝えるのもグッド。


記事の「キスをしたらコーヒーが無料」というのもなかなか良い言い訳にできます。

男性「キスしたらコーヒー無料だって」←言い訳①
女性「えー。やだよー」
男性「してるフリすれば大丈夫だって」←言い訳②
女性「本当にフリ?」
男性「フリだって。もし本当にしちゃったら夕飯おごってあげる」←言い訳③
女性「夕飯ね。絶対だよ」

スマートな言い訳の積み重ねの上に成就するキスは、もともと2人が望んでいたものかもしれません。
涙ぐましい作業かもしれませんが、その言い訳を自然に、そして大胆にできる人がロマンティックと言われる人に違いありません。

PageTop

メキシコ料理(26ヶ国目)

メキシコ

26ヶ国目:メキシコ料理
店の名前:ラ・ゴルディータ
店の場所:等々力(東京)

26ヶ国目はタコスでおなじみのメキシコです。
約3世紀にわたりスペインに植民地として支配された後、1821年に独立した国です。

この日は初のグルメツアー2ヶ国巡りとなったわけで、チェコからメキシコへと長距離旅行です。
ただ夕飯までにはまだ時間があったため、等々力駅で下車したあと、等々力渓谷を散策することにしました。駅から歩いてすぐにある渓谷へと下る階段を降りていくと、世田谷とは思えない自然が広がっていて、まさに都会のオアシス。静けさと涼しさが東京いることを忘れさせてくれるような場所でした。
その後、目黒通りを歩いて目的のメキシコ料理屋ラ・ゴルディータへと向かいました。

食べたもの
・サルサとチップス(サルサはそれほど辛くない。テーブルに置いてあるハバネロソースをかけるとうまい)
・アボカドのディップとパン(ハバネロでしびれた舌をやわらげてくれる。タコスにいれてもOK)
・サボテンのサラダ(キュウリのピクルスのような味。クセがなくサラダにしやすそう)
・タコス(トルティーヤにサラダやソーセージを乗せて食べる。とにかくうまい)
・メキシカンレモネード(かわいらしいグラスに入ったすっぱいレモネード。甘さは好みで調節)

ピンク色した外観が目立つかわいらしいお店。店内もメキシコっぽい内装でデートでも家族で使えそうな雰囲気です。料理は辛いものが好きな自分としてはどれも最高の味でした。辛さが物足りない場合でもテーブルに標準装備されている赤と緑のハバネロソースを使えばばっちり自分好みとなります。サボテンのサラダは珍しいと思って注文してみました。荒涼とした砂漠で育つにも関わらず栄養価の高い野菜なのだそうです。

タコスというとパリっとしたトルティーヤで包んだ野菜や肉を想像する人が多いかもしれませんが、それは実はアメリカ生まれのタコス(ハードタコ)で、本場のメキシコではしんなりしたトルティーヤでタコス(ソフトタコ)を作ります。ハードタコはテクスメクス料理(メキシコ風アメリカ料理)と呼ばれ、タコスの他にもチリコンカンやブリトーなどがそれに含まれます。

メキシコ料理は自分の好みを完全に押さえ過ぎていて、なんていうか素直に好きと言えない存在です。例えるならどうでもいい子のことは好きと言えるのに、本当に好きな子には好きと言えない・・・そんな感じです。よくわからないかもしれまんせんが、そんな感じなんです。

ちなみに沖縄で生まれたタコライスはタコスの具であるチーズやトマト、レタスなどをご飯に乗せたもので、タコスと同じようにサルサをかけて食べる料理です。

PageTop

待望のインコ味アイス登場(世界料理ニュース)

鳥のインコ風味のアイスがネット上で話題になっている。鳥を見ながらお茶を飲めるカフェ「とりみ(鳥見)カフェ」(神戸市灘区)が、8日~13日まで阪神百貨店(梅田本店)で開催されていた「幸せを運ぶ小鳥の作品展」で展示販売していた商品である。「とりみカフェ」によると、ラインアップは「文鳥風味フィンチアイス」「オカメインコ風味アイス」「セキセイ風アイス」の3種類で、価格は1個280円(税抜)であった。無添加・無着色のバニラアイスをベースに使用し、「まるで小鳥の羽根の様な、ふわふわで軽いアイス」だという。
引用元:IBTimes


私事でありますが、先日31歳の誕生日を迎えました。
誕生日会とは疎遠な生活を送っていたのですが、今回は珍しく友人の方々に祝ってもらう運びとなりました。
それはもう愉快な会になったわけですが、開催場所が自分の家で、さらに朝から自分一人でパーティー用の料理をこしらえて夕方の賓客の登場を出迎えるという非凡な構成になっていました。
誰かをお祝いすることは少なくないのですが、自分がお祝いされる側に回ることは稀で、たくさんの人に囲まれて祝辞を述べられても「ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの」状態になりがちです。
プレゼントは31歳ということでサーティワンアイスクリームを全種類もらいました。これは文字通り垂涎もののプレゼントです。サーティワンアイスクリームは32種のアイスが置いてあるなんてトリビアはこの際どうでもいいです。理性を保って健康を害さないように計画的にこのアイスクリームを食べることが当面の31歳の抱負となりました。

記事の話しに戻ります。
ウグイスパンならぬ、インコアイスだそうです。インコの色をしたとアイスとかいうものではなく、インコの臭いが口の中に広がるという他に類を見ない商品のようです。インコは食べたことはないですが、小学生の頃に嗅いだあの鳥かごの臭いのするアイスだとすればかなりの際物です。アイスクリーム好きの自分としても手に余る代物かもしれません。期間限定での発売だったようですが、今後通販での販売を検討しているらしいので、家庭でも待望のインコ味が堪能できる日も近いことでしょう。

PageTop

チェコ料理(25ヶ国目)

チェコ

25ヶ国目:チェコ料理
店の名前:カフェアノ
店の場所:表参道(東京)

25ヶ国目は中央ヨーロッパに位置する国、チェコです。
1993年にチェコスロバキアがチェコとスロバキアに分離し、成立した国です。

キャットストリート辺りのごちゃごちゃしたところをごちゃごちゃ入って行くと、おしゃれな佇まいのカフェアノ
がありました。が、2011年に広尾へ移転し、そして2012年にその広尾の店も閉店になってしまったそうです。またしても貴重な店を一つ失ってしまい、痛恨の極みであります・・・。

カフェアノは店内にチェコのグッズがたくさん置いてあるとても可愛らしい店で、店内ではチェコアニメの上映会も開催されていたそうです。店にはチェコだと認識して来たのかはわかりませんが、場所柄、おしゃれ好きそうな人たちが何組かいました。

食べたもの
・辛口ジンジャーエール
・桃のノンアルコールカクテル
・グラーシュ クネードリキ添え(ビーフシチューのようなスープにクネードリキというゆでたパンを付けて食べる。けっこう濃厚な味)
・ショップスキーサラダ(オーガニックのトマト、パプリカ、キュウリにヤギのチーズを乗せたサッパリとしたサダラ)
・ソーセージのブランボラーク(じゃがいもでできたチェコ風お好み焼きといったところ。ソーセージが良く合う)
・トゥヴァロハーチェク(チェコ風チーズケーキ)

チェコ料理は「煮込み料理+クネードリキ」というのが定番の組み合わせのようです。またじゃがいもも主食のようによく食べるらしいのですが、ブランボラークはチェコの家庭料理なので、チェコ旅行に行ってもあまりレストランではお目にかかれないんだとか。
またチェコは一人あたりのビール消費量が世界一なのだそうです、日本人の1年間の消費量が43.8リットルなのに対し、チェコ人は122.8リットルで、ほぼ3倍・・・。チェコとビールってそんなにイメージがないですが、ピルスナーの発祥の地であり、ビールの聖地と言っても過言ではないようです。
そんなビールに合うのが「溺死体」です。なんとも物騒な名前ですが、これは酢漬けのソーセージ料理のことで、その出来上がった姿からウトペネッツ(溺死体)と呼ばれるそうです。なかなかユニークな名前ですが、考えてみると料理の名前って日本でも面白いものが多いですよねー。

・目玉焼・・・字面だけをよくよくみるとかなりグロテスク感じ。
・月見そば・・・これは目玉そばとは言わないですね。なかなか風情のある名称だと思います。
・親子丼・・・残酷だという人もいますが、秀逸すぎるネーミング。
・おばけ・・・きつね(油揚げ)とたぬき(揚げ玉)の入ったそば(うどん)のこと。きつねもたぬきも化けるという訳です。
・みぞれ・・大根おろしを溶ける雪に見立てた風流な表現。
・春雨・・・その名の通り、春の雨のイメージ。
・かっぱ巻き・・・かっぱの好物がキュウリだから。
・いちご煮・・・ウニとアワビの吸い物。色の野イチゴのように赤みがかっているから。ネーミングからは想像できないなんとも豪華な汁。
・ウグイスパン・・・ウグイス入ってなぁ~い。
・タイ焼・・・羽根付きタイ焼きなんてものをどうやって外人に説明すれば。

ちょっと思いついたものを羅列してみました。
それにしてもチェコ料理屋は本当に少ないので、カフェアノが無くなったのが惜しまれます。

ちなみに表紙のキャラクターはクルテクというチェコのアニメに出てくるもぐらのキャラクターです。チェコのアニメは不思議で独特の世界観のあるものが多い気がします。

PageTop

象の排泄物から作った黒ビール「うん、この黒」発売(世界料理ニュース)

地ビールメーカー「サンクトガーレン」(神奈川県厚木市、TEL 046-224-2317)は、4月1日のエイプリルフールを記念した黒ビール「うん、この黒」を限定販売している。同社は、毎年エイプリルフールにちなんだジョーク商品を1日限定で販売。今年は、ゾウの排泄物から取り出したコーヒーの実でつくるコーヒー「ブラックアイボリー」を副原料に使用した黒ビール「うん、この黒」を醸造した。
引用元:ヨコハマ経済新聞



この間、嫁がテレビのある番組で映画館のプラチナシートについて取り上げているコーナーを見ており、そこで最高級のコーヒーが飲めるらしいと自分に教えてくれた。自分はそれを聞いた時に「それってネコのウンチ?」とすぐさま聞き返した。その後の彼女の反応は次のようなものでした。

「最低」
「何言ってんの」
「ウンチしか言うことができない可哀想な人」

散々な言われようですが、断っておくと、これはジャコウネコという動物のフンから採取することができる世界的に希少で高価なコーヒー豆「コピ・ルアク」の存在を知った上での発言であり、「何言ってるかわからないウンチしか言えなくなった最低で可哀想な人」になってしまっていたわけでありません。
ジャコウネコの消化酵素が独特の香りを与えるらしいそのコーヒーは、某有名ホテルだと1杯5000円もするんだとか・・・。

そんな高級コーヒー「コピ・ルアク」を凌ぐとも言われる超高級コーヒーがゾウのフンから採取したコーヒー「ブラックアイボリー」です。
一体何を思ってフンからコーヒー採取して、そしてそれを飲む気になったのかは謎です。ヤケクソでクソを焼いたら、意外とうまかったみたいな冗談のようなことをしたら、みんなが面白がってしまったので、引くに引けなくなったなんてことだったりはしないのでしょうか?そして裸の王様みたいに、このコーヒーの味はコーヒーの味がわかる人にしかわからないみたいな感じで、みんなが「う、うまいね・・・」と王様の服が見えていないのに言ってるのではないでしょうか?
そんな邪推もしたくなりますが、もしかして一口飲んだらその意見も吹き飛んで、「コーヒーはクソに限る!」とか言いだして、知らない人が聞いたら可哀想な人になっているかもしれません。

ちなみにプラチナシートで飲めるコーヒーはやはり「コピ・ルアク」だったようです。なんという罵られ損。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。