世界の料理を日本で食べる!

世界グルメツアーズ~週末海外パスポートいらずの旅~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

インドネシア料理(29ヶ国目)

インドネシア

29ヶ国目は1万8千以上の島からなるインドネシアです。
1万8千以上というあいまいな島の数ですが、正確なところはインドネシア政府も把握していなそうです。
日本ではバリ島が旅行先として有名でしょうか。あと大津波があったスマトラ島も記憶に新しいです。

今回は目黒にあるインドネシア料理屋のチャベです。
チャベとはインドネシア語でとうがらしという意味なんだとか。
インドネシア大使館御用達とうたっているその店へは、近くにある寄生虫館という寄生虫の博物館を見学してから行きました。入場は無料なので、虫嫌いの女性を不意打ちで連れて行けば、意外と盛り上がるかもしれません。

食べたもの
・ナシゴレン(日本でもけっこう浸透してきた気がする定番料理)
・日替わりランチ(ご飯の脇にいろいろなおかずが乗ったお得なワンプレート)

ハート型の目玉焼きがなんとも可愛らしいナシゴレンは日本でもお馴染になってきた料理じゃないでしょうか?大きなエビのチップスと2種類のサテー(ピーナッツ味とピリ辛味)が乗っていて、別皿で提供されるサンバルという辛いソースをかけるとうまい。サンバルは日本でいう漬物みたいな存在らしく、インドネシアの食卓にはなくてはならないものなのだそうです。
日替わりランチにはご飯の脇に骨付きモモ肉インドネシア風グリル、エビチップス、テンペの天ぷら、タマゴのココナッツ煮、じゃがいも、いんげんのココナッツフレーク和えサラダが乗っていた。テンペは「インドネシアの納豆」と日本で呼ばれることもある大豆を発酵させた食品で、食物繊維を多く含んでいるそうです。ただし生で食べることはなく、煮たり焼いたりして食べることが多いようです。チャベで食べたテンペはあっさりとしたチキンナゲットのような感じでした。
ちなみに食べてはいませんがミーゴレンという料理もあります。これはインドネシアの焼きそばみたいなものです。ナシ=ご飯、ミー=麺、ゴレン=炒め物ということです。

インドネシアでは右手にスプーン、左手にフォークを持って食事をするそうです。スプーンがナイフの役目も果たすこともあるんだとか。ステーキが出たらどうするんだろうと思いましたが、その場合はナイフもちゃんと出てくるようです。

島が1万8千もあれば島好きの人にはインドネシアはたまならい国だと思います。
自分はその中のコモド島という島がに気になっています。ここにはコモドドラゴンと呼ばれる体調3メートルにもなるオオトカゲが生息していて、その姿はもはや怪獣。猛毒を持っているので、噛まれるとイチコロです。さらに時速20キロで走るというなかなかの俊足の持ち主。関係ありませんがスタバにコモドドラゴンブレンドというコーヒー豆がありますね。

タイトルのイラストは「インドネシアの部屋」というシュールなものになっています(嫁作)。
ちなみにこれまで便宜的に嫁と呼んでいましたが、先日晴れて正式に嫁になりました。

―店舗情報―
CABE(チャベ)目黒通り店
東京都目黒区目黒3-12-7バルビゾン48-2階
http://www.cabe-eco.com/

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おめでとうございます!!ファンとしては嬉しい限りです。これからもお嫁さんとおいしい世界の料理を!!

五月 | URL | 2013-10-06(Sun)22:14 [編集]


No title

>五月さん
ありがとうございます!これからも一層精進したいと思います!!

fukucima | URL | 2013-10-08(Tue)23:23 [編集]


トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/10/07 08:51)

目黒区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベル エージェント 2013-10-07 (Mon) 08:51


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。