世界の料理を日本で食べる!

世界グルメツアーズ~週末海外パスポートいらずの旅~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

キスするとコーヒーが無料になる店(世界料理ニュース)

キスをするとコーヒーがタダで飲めるというユニークなキャンペーンを、オーストラリア・シドニーのカフェMetro St Jamesが展開しています。カップルがお店にやってくると、キスしたらコーヒーがタダになりますよと話しかける店員。「本当のキスじゃないとダメですよ。キスの振りをしても分かりますから。私は専門家なので」と告げる店員の前で、笑ってキスするカップル。こんなふうに、次々とカフェを訪れたカップルがキスする――そんなキャンペーン紹介動画がMetro St JamesのWebサイトには掲載されています
引用元:livedoorNEWS


何か行動を起こす際、女性は言い訳が必要であると言われることがあります。
それはまさにその通りなのではないかと自分は思っています。いかにスマートな言い訳を女性に対して用意できるかが、物事を円滑に運ぶことの鍵となります。

例えばある男性が女性の家に泊めて欲しいと懇願したとします。この時、女性はその男性に対し好意を抱いており、本音では泊まって欲しいと思っていたとしても、OKを容易には出さないと思います。これは、自分は軽い女だとその男性に思われたくないと考えるからです。ただ、このままでは男性にとっても女性にとっても不幸な選択をしなければならなくなります。2人とも望んでいない答えを2人は選ばなければならなくなってしまいます。
そこでスマートな言い訳が必要になってきます。

(言い訳例)
・男性が終電を逃して、女性の家に泊まるしかない
これはもはや常套手段ですが、効果は抜群です。男性が策略として逃したことにして、女性が被害者ぶることもできます。

・DVDを一緒に観たい
これは怪しすぎる見え透いた言い訳ですが、女性も「自分も実はちょうど観たかったの」とか言ってしまえば、それが本当であろうがなかろうがOKです。そのDVDがレンタルで返却期限が翌日であれば言い訳のスマートさが一段と増します。

・家に出る幽霊から女性を守りたい
夜毎うなされると言う女性の家に、幽霊を退治してあげると意気込んで泊まったところ、本当に出た幽霊を目の前にして2人は恐怖し、そして自然と握られる手と手。こんなドラマティックな展開に持ち込めば言い訳としてもハリウッド級です。

・女性の家の近くのコンビニで大量のアイスを買ったが、食べる場所ないから泊めて欲しい
これは相当な上級者用の言い訳です。玄関の前で「だって溶けちゃうよ」を連呼し、否が応でも家に入ろうとする強引さが必要です。一歩間違えればどん引きされる行為を、どうやって冗談ぽく楽しい雰囲気にできるかがポイントです。女性の好きなアイス情報を予め聞き出しておいて、そのアイスがあることをさりげなく伝えるのもグッド。


記事の「キスをしたらコーヒーが無料」というのもなかなか良い言い訳にできます。

男性「キスしたらコーヒー無料だって」←言い訳①
女性「えー。やだよー」
男性「してるフリすれば大丈夫だって」←言い訳②
女性「本当にフリ?」
男性「フリだって。もし本当にしちゃったら夕飯おごってあげる」←言い訳③
女性「夕飯ね。絶対だよ」

スマートな言い訳の積み重ねの上に成就するキスは、もともと2人が望んでいたものかもしれません。
涙ぐましい作業かもしれませんが、その言い訳を自然に、そして大胆にできる人がロマンティックと言われる人に違いありません。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

すてきです

フリはだめですよ私は専門家ですから、と言う店員さん、縁の下の力持ちですね!!(*^^*)

サツキ | URL | 2013-06-21(Fri)21:34 [編集]


>サツキさん

その店員のアシスト次第で勝敗が決まるかもしれません。でもそういう店員て、とんでもないパスを放ってくることが多いような・・・

fukucima | URL | 2013-06-22(Sat)18:37 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。