世界の料理を日本で食べる!

世界グルメツアーズ~週末海外パスポートいらずの旅~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ガーナ料理(27ヶ国目)

ガーナ

27ヶ国目はチョコレートの商品名でよく知られる西アフリカのガーナです。
黄熱病の研究を行っていた野口英世がその研究中に亡くなった国でもあります。

今回の目的地は埼玉県草加市にあるガーナ料理屋のガーナハウス。
あまり馴染みのない東武伊勢崎線に揺られ、新田という駅に降り立ちました。

この店、ガーナハウスはグルメツアー史上最も印象的(たぶん、後にも先にも)な店となったわけですが、なんていうか一言で言うのであれば「自由過ぎる店」と言ったところでしょうか。
駅から5分ほど歩いた住宅地の一角にその店はあったのですが、すでに営業時間になっているにも関わらず店が開いていません。HPで営業日と営業時間は確認しているので、休業日ではないはずでしたが、ドアは閉まったまま。これはもしや各国料理屋にありがちな開店閉店時間も日替わりの店ではと焦りの表情を浮かべて店の周りをウロウロしていたところ、店の近くの地元民らしき人が「3階に行けばママいる思うよ」と教えてくれました。
3階?ママ?と思いながら、ガーナハウスの上を見上げると、そこには自宅と思しきアパートが。
恐る恐る階段を上がり、3階まで行くと、そこには見るからに生活感溢れる自宅の玄関がありました。見ず知らずのガーナ人のアパートに押し掛け、「すみません。ごはん食べさせてくれますか?」などと言う機会はこれまでの人生にはなかったことなので、インターホンを押す指も戸惑いが隠せません。
そうこうしているうちに、ドアは勝手に開き、中からガーナ人の女児2名(ナナちゃん7歳、アマちゃん4歳)が飛び出してきました(年齢は当時)。母親は日本語がわからないようですが、子ども2人は達者で、その子たちを通じて、ご飯を食べたい旨を伝えらところ、「今日は休みだけど、ご飯作れるよ」とのこと。
とりあえずご飯ができる1時間後までその子どもたちと遊びに出かけることになり、近所の公園でかけっこやらブランコやら地面にお絵かきやらをやりました。さらにおんぶをしてくれるというので、お言葉甘えたところ、灼熱の公園で黒人の女の子に背負われている日本人(大人)という、はたから見れば何だかよくわからない景色になっていたのだと思われます。
そして1時間後、ようやくありつけたランチ。お母さんと共にまだ歩けないくらいの年の男の子(コフィ君)も登場です。家族に囲まれた中でとる食事は、ここだけ切り取れば完全に旅番組でどこか異国の家でお世話になっている日本人という画です。

食べたもの
・オクラシチュー(オクラの他にカニも入っていた)
・フフ(キャッサバやヤム芋をこねた、もちのような蒸しパンのような感じ。巨大)
・ワーチェシチュー(白ビーンズと一緒に炊いたピラフとシチュー)

ワーチェシチューはシトというガーナの辛いソースを付けて食べるとちょうど良いです。フフは巨大すぎたため、食べ切れずあえなくお持ち帰り。それにしてもフフはカメルーン同様の独特の香りがした。なんだろうあの魚を触った手で練ったような、不思議な味・・。

食後も息つく暇もなく、子どもたちに外に引っ張り出され、今度は店の前で遊ぶという2度目の子守展開になりました。そこでガーナ仕様に髪を結わいてもらったりして、存分に楽しんだあと、その店を後にしたのですが、その子たちも同じように後にし、駅までたどりついても一向に帰してくれません。
変に懐いてしまったノラ猫から逃げるのように、と言えば聞こえはいいですが、その実態は自分たちの荷物を強奪して、なんとしても帰そうとしない強硬手段をとる獰猛さでした。
困り果てたのち、駅前のパン屋でパンを買い与えて満足させるという懐柔作戦を何とか成功させ、子どもたちから解放されることとなりました。

話しは変わりますが、自分が生まれた曜日を知っていますか?
生まれた日はもちろん知っていても曜日まで把握している人って少ないのでは?
ガーナでは生まれた曜日によって名前が付けられる場合があるそうです。土曜日に生まれた女の子はアマ、金曜日に生まれた男の子はコフィと言ったように命名されるようで、ガーナハウスのアマちゃんとコフィ君もきっとこの曜日による命名をされたのだと思います。

それにしてもガーナの自由さとパワフルさには恐れ入りました。
家に着くとまるで15000kmのフライトから帰ってきたような気分になりました。

スポンサーサイト

PageTop

キスするとコーヒーが無料になる店(世界料理ニュース)

キスをするとコーヒーがタダで飲めるというユニークなキャンペーンを、オーストラリア・シドニーのカフェMetro St Jamesが展開しています。カップルがお店にやってくると、キスしたらコーヒーがタダになりますよと話しかける店員。「本当のキスじゃないとダメですよ。キスの振りをしても分かりますから。私は専門家なので」と告げる店員の前で、笑ってキスするカップル。こんなふうに、次々とカフェを訪れたカップルがキスする――そんなキャンペーン紹介動画がMetro St JamesのWebサイトには掲載されています
引用元:livedoorNEWS


何か行動を起こす際、女性は言い訳が必要であると言われることがあります。
それはまさにその通りなのではないかと自分は思っています。いかにスマートな言い訳を女性に対して用意できるかが、物事を円滑に運ぶことの鍵となります。

例えばある男性が女性の家に泊めて欲しいと懇願したとします。この時、女性はその男性に対し好意を抱いており、本音では泊まって欲しいと思っていたとしても、OKを容易には出さないと思います。これは、自分は軽い女だとその男性に思われたくないと考えるからです。ただ、このままでは男性にとっても女性にとっても不幸な選択をしなければならなくなります。2人とも望んでいない答えを2人は選ばなければならなくなってしまいます。
そこでスマートな言い訳が必要になってきます。

(言い訳例)
・男性が終電を逃して、女性の家に泊まるしかない
これはもはや常套手段ですが、効果は抜群です。男性が策略として逃したことにして、女性が被害者ぶることもできます。

・DVDを一緒に観たい
これは怪しすぎる見え透いた言い訳ですが、女性も「自分も実はちょうど観たかったの」とか言ってしまえば、それが本当であろうがなかろうがOKです。そのDVDがレンタルで返却期限が翌日であれば言い訳のスマートさが一段と増します。

・家に出る幽霊から女性を守りたい
夜毎うなされると言う女性の家に、幽霊を退治してあげると意気込んで泊まったところ、本当に出た幽霊を目の前にして2人は恐怖し、そして自然と握られる手と手。こんなドラマティックな展開に持ち込めば言い訳としてもハリウッド級です。

・女性の家の近くのコンビニで大量のアイスを買ったが、食べる場所ないから泊めて欲しい
これは相当な上級者用の言い訳です。玄関の前で「だって溶けちゃうよ」を連呼し、否が応でも家に入ろうとする強引さが必要です。一歩間違えればどん引きされる行為を、どうやって冗談ぽく楽しい雰囲気にできるかがポイントです。女性の好きなアイス情報を予め聞き出しておいて、そのアイスがあることをさりげなく伝えるのもグッド。


記事の「キスをしたらコーヒーが無料」というのもなかなか良い言い訳にできます。

男性「キスしたらコーヒー無料だって」←言い訳①
女性「えー。やだよー」
男性「してるフリすれば大丈夫だって」←言い訳②
女性「本当にフリ?」
男性「フリだって。もし本当にしちゃったら夕飯おごってあげる」←言い訳③
女性「夕飯ね。絶対だよ」

スマートな言い訳の積み重ねの上に成就するキスは、もともと2人が望んでいたものかもしれません。
涙ぐましい作業かもしれませんが、その言い訳を自然に、そして大胆にできる人がロマンティックと言われる人に違いありません。

PageTop

メキシコ料理(26ヶ国目)

メキシコ

26ヶ国目:メキシコ料理
店の名前:ラ・ゴルディータ
店の場所:等々力(東京)

26ヶ国目はタコスでおなじみのメキシコです。
約3世紀にわたりスペインに植民地として支配された後、1821年に独立した国です。

この日は初のグルメツアー2ヶ国巡りとなったわけで、チェコからメキシコへと長距離旅行です。
ただ夕飯までにはまだ時間があったため、等々力駅で下車したあと、等々力渓谷を散策することにしました。駅から歩いてすぐにある渓谷へと下る階段を降りていくと、世田谷とは思えない自然が広がっていて、まさに都会のオアシス。静けさと涼しさが東京いることを忘れさせてくれるような場所でした。
その後、目黒通りを歩いて目的のメキシコ料理屋ラ・ゴルディータへと向かいました。

食べたもの
・サルサとチップス(サルサはそれほど辛くない。テーブルに置いてあるハバネロソースをかけるとうまい)
・アボカドのディップとパン(ハバネロでしびれた舌をやわらげてくれる。タコスにいれてもOK)
・サボテンのサラダ(キュウリのピクルスのような味。クセがなくサラダにしやすそう)
・タコス(トルティーヤにサラダやソーセージを乗せて食べる。とにかくうまい)
・メキシカンレモネード(かわいらしいグラスに入ったすっぱいレモネード。甘さは好みで調節)

ピンク色した外観が目立つかわいらしいお店。店内もメキシコっぽい内装でデートでも家族で使えそうな雰囲気です。料理は辛いものが好きな自分としてはどれも最高の味でした。辛さが物足りない場合でもテーブルに標準装備されている赤と緑のハバネロソースを使えばばっちり自分好みとなります。サボテンのサラダは珍しいと思って注文してみました。荒涼とした砂漠で育つにも関わらず栄養価の高い野菜なのだそうです。

タコスというとパリっとしたトルティーヤで包んだ野菜や肉を想像する人が多いかもしれませんが、それは実はアメリカ生まれのタコス(ハードタコ)で、本場のメキシコではしんなりしたトルティーヤでタコス(ソフトタコ)を作ります。ハードタコはテクスメクス料理(メキシコ風アメリカ料理)と呼ばれ、タコスの他にもチリコンカンやブリトーなどがそれに含まれます。

メキシコ料理は自分の好みを完全に押さえ過ぎていて、なんていうか素直に好きと言えない存在です。例えるならどうでもいい子のことは好きと言えるのに、本当に好きな子には好きと言えない・・・そんな感じです。よくわからないかもしれまんせんが、そんな感じなんです。

ちなみに沖縄で生まれたタコライスはタコスの具であるチーズやトマト、レタスなどをご飯に乗せたもので、タコスと同じようにサルサをかけて食べる料理です。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。