世界の料理を日本で食べる!

世界グルメツアーズ~週末海外パスポートいらずの旅~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

待望のインコ味アイス登場(世界料理ニュース)

鳥のインコ風味のアイスがネット上で話題になっている。鳥を見ながらお茶を飲めるカフェ「とりみ(鳥見)カフェ」(神戸市灘区)が、8日~13日まで阪神百貨店(梅田本店)で開催されていた「幸せを運ぶ小鳥の作品展」で展示販売していた商品である。「とりみカフェ」によると、ラインアップは「文鳥風味フィンチアイス」「オカメインコ風味アイス」「セキセイ風アイス」の3種類で、価格は1個280円(税抜)であった。無添加・無着色のバニラアイスをベースに使用し、「まるで小鳥の羽根の様な、ふわふわで軽いアイス」だという。
引用元:IBTimes


私事でありますが、先日31歳の誕生日を迎えました。
誕生日会とは疎遠な生活を送っていたのですが、今回は珍しく友人の方々に祝ってもらう運びとなりました。
それはもう愉快な会になったわけですが、開催場所が自分の家で、さらに朝から自分一人でパーティー用の料理をこしらえて夕方の賓客の登場を出迎えるという非凡な構成になっていました。
誰かをお祝いすることは少なくないのですが、自分がお祝いされる側に回ることは稀で、たくさんの人に囲まれて祝辞を述べられても「ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの」状態になりがちです。
プレゼントは31歳ということでサーティワンアイスクリームを全種類もらいました。これは文字通り垂涎もののプレゼントです。サーティワンアイスクリームは32種のアイスが置いてあるなんてトリビアはこの際どうでもいいです。理性を保って健康を害さないように計画的にこのアイスクリームを食べることが当面の31歳の抱負となりました。

記事の話しに戻ります。
ウグイスパンならぬ、インコアイスだそうです。インコの色をしたとアイスとかいうものではなく、インコの臭いが口の中に広がるという他に類を見ない商品のようです。インコは食べたことはないですが、小学生の頃に嗅いだあの鳥かごの臭いのするアイスだとすればかなりの際物です。アイスクリーム好きの自分としても手に余る代物かもしれません。期間限定での発売だったようですが、今後通販での販売を検討しているらしいので、家庭でも待望のインコ味が堪能できる日も近いことでしょう。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。