世界の料理を日本で食べる!

世界グルメツアーズ~週末海外パスポートいらずの旅~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マレーシア料理(7ヶ国目)

マレーシア

7ヶ国目:マレーシア料理
店の名前:ジョムマカン
店の場所:銀座(東京)

7ヶ国目はマレーシア料理です。
銀座の数寄屋橋交差点にある銀座ファイブの地下には飲食店が軒を連ねており、その中にマレーシア料理屋のジョムマカンはありました。タイ料理やベトナム料理屋も同じフロア内にあったのですが、マレーシア料理屋はかなり珍しいため、自分にとってはひときわ輝いて見えました。しかし、残念ながらこの店は2011年に閉店してしまったらしいです・・・盛者必衰のことわりとはこうも無常なものなのでしょうか。

唐突ですが自分はアイスクリームには目がありません。少しでも自制心をなくすとスーパーで買った1リットル入りのバニラアイスを数時間で食べ切るという暴挙に出てしまいます。食べた後に自分の体に対して申し訳なさいっぱいになることを承知しながらもそうなってしまいます。
ジョムマカンで注文したドリアンのアイスクリームはまさにその自制心を一瞬にして消滅させてくれるほどのおいしさでした。ドリアン特有のにおいはなく、味は例えるなら、メロンと桃とマンゴーとライチとバナナを足したような感じでした。これまでの人生でたくさんの素晴らしいアイスクリームに出会いましたが、これはその中でも別格。邂逅とはまさにこのことか!と思うほどの逸品でした。しかし、ジョムマカンがなくなった今、その味を味わうことはもうできません。薄れゆく記憶の断片を舌にかき集めて、当時の思いに浸ることしかできません。

のっけから最後に食べたデザートの話をしてしまいました。
他には魚介ヌードルの「ラクサペナン」、焼き鳥に甘いピーナッツソースをかけて食べる「サテーアヤム」、カレー風味の「バナナの花と魚のサラダ」、ナンを甘くしたようなものをカレーにつけて食べる「ロティチャナイ」を食べました。焼き鳥は塩かタレというステレオタイプがはびこっていますが、マレーシア料理ではピーナッツソースというもう一つの可能性を示してくれました。

マレーシア料理はタイ料理をマイルドにしたような感じが全体的にしました。
タイ料理が辛くて食べられない人もマレーシア料理ならいけるかもしれません。
それにしてもドリアンアイス・・・。惜しまれます。
ジョムマカン、いいお店でした!

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。