世界の料理を日本で食べる!

世界グルメツアーズ~週末海外パスポートいらずの旅~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スリランカ料理(30ヶ国目)

スリランカ

30ヶ国目はポディマハッタヤさんで有名なスリランカです。
ポディマハッタヤさんを知りませんか?
自分としてはスリランカと言えばポディマハッタヤさんなのです。
この方は小学校の国語の教科書に載っていた「一本の鉛筆の向こうに」という作品に登場する実在の人物です。彼はスリランカのボガラ鉱山で鉛筆の材料となる黒鉛の採掘を生業としている鉱夫です。
一本の鉛筆に向こうにたくさんの人の仕事や生活があるということを教えてくれる素晴らしい作品でした。

そんなスリランカの料理を食べられるのが中目黒にあるセイロンインです。
スリランカと言えばカレーで、一日三食カレーが食卓に上るらしいです。
セイロンインの中もそのカレーのスパイシーな香りが漂っていました。

食べたもの
・パイナップルサラダ(パイナップル、きゅうり、トマトなどをマスタードのようなピリっとしたドレッシングで食べる。甘いパイナップルが辛さと合う)
・スパイシースープ(ライム、にんじん、玉ねぎのスープ。絶品です!体が温まります)
・野菜カレーとポルサンポーラ(やや甘めのカレーにココナッツふりかけをかけて食べる)
・ロティ(ナンのようなもの。バター風味でカレーに合う)
・ミルクティー
・マンゴーラッシー

グルメツアーを行っていて数あるカレー、またはカレーらしき食べものを食してきましたが、このセイロンインのカレーはその中で群を抜いてうまかったです。「ココナッツふりかけ」という説明がされているポルサンポーラはココナッツ、唐辛子、ライム、ニンニクのパウダーで、これがカレーにもロティにも合ってうまい!やや甘めのカレーを頼んで、このポルサンポーラを足して徐々に辛くしながら食べるのが最高過ぎる・・・!

よく見かけるセイロン茶はスリランカのセイロン島で採れる紅茶で、この店の名前にも使われています。
またスリランカの首都は「スリジャヤワルダナプラコッテ」です。
長くて覚えるのが大変という理由から、逆に覚えてしまう単語のひとつではないでしょうか?同じようなものに「墾田永年私財法」と「東海道中膝栗毛」があると思っているのは自分だけですかね?

そういえば先日(と言っても1年以上前)NHKを何となく見ていたら、まさかのポディマハッタヤさん登場!思わず叫んでしまいました。健在だったとは・・・。感動しました。

―店舗情報―
セイロン・イン (Ceylon Inn)
東京都目黒区上目黒2-7-8
http://www.ceylon-inn.com/

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。