世界の料理を日本で食べる!

世界グルメツアーズ~週末海外パスポートいらずの旅~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

メキシコ料理(26ヶ国目)

メキシコ

26ヶ国目:メキシコ料理
店の名前:ラ・ゴルディータ
店の場所:等々力(東京)

26ヶ国目はタコスでおなじみのメキシコです。
約3世紀にわたりスペインに植民地として支配された後、1821年に独立した国です。

この日は初のグルメツアー2ヶ国巡りとなったわけで、チェコからメキシコへと長距離旅行です。
ただ夕飯までにはまだ時間があったため、等々力駅で下車したあと、等々力渓谷を散策することにしました。駅から歩いてすぐにある渓谷へと下る階段を降りていくと、世田谷とは思えない自然が広がっていて、まさに都会のオアシス。静けさと涼しさが東京いることを忘れさせてくれるような場所でした。
その後、目黒通りを歩いて目的のメキシコ料理屋ラ・ゴルディータへと向かいました。

食べたもの
・サルサとチップス(サルサはそれほど辛くない。テーブルに置いてあるハバネロソースをかけるとうまい)
・アボカドのディップとパン(ハバネロでしびれた舌をやわらげてくれる。タコスにいれてもOK)
・サボテンのサラダ(キュウリのピクルスのような味。クセがなくサラダにしやすそう)
・タコス(トルティーヤにサラダやソーセージを乗せて食べる。とにかくうまい)
・メキシカンレモネード(かわいらしいグラスに入ったすっぱいレモネード。甘さは好みで調節)

ピンク色した外観が目立つかわいらしいお店。店内もメキシコっぽい内装でデートでも家族で使えそうな雰囲気です。料理は辛いものが好きな自分としてはどれも最高の味でした。辛さが物足りない場合でもテーブルに標準装備されている赤と緑のハバネロソースを使えばばっちり自分好みとなります。サボテンのサラダは珍しいと思って注文してみました。荒涼とした砂漠で育つにも関わらず栄養価の高い野菜なのだそうです。

タコスというとパリっとしたトルティーヤで包んだ野菜や肉を想像する人が多いかもしれませんが、それは実はアメリカ生まれのタコス(ハードタコ)で、本場のメキシコではしんなりしたトルティーヤでタコス(ソフトタコ)を作ります。ハードタコはテクスメクス料理(メキシコ風アメリカ料理)と呼ばれ、タコスの他にもチリコンカンやブリトーなどがそれに含まれます。

メキシコ料理は自分の好みを完全に押さえ過ぎていて、なんていうか素直に好きと言えない存在です。例えるならどうでもいい子のことは好きと言えるのに、本当に好きな子には好きと言えない・・・そんな感じです。よくわからないかもしれまんせんが、そんな感じなんです。

ちなみに沖縄で生まれたタコライスはタコスの具であるチーズやトマト、レタスなどをご飯に乗せたもので、タコスと同じようにサルサをかけて食べる料理です。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。