世界の料理を日本で食べる!

世界グルメツアーズ~週末海外パスポートいらずの旅~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ペルー料理(2ヶ国目)

ペルー

2ヶ国目:ペルー料理
店の名前:ティアスサナ
店の場所:信濃町(東京)

2ヶ国目はマチュピチュで有名な南米の国ペルーです。
行ってみたい世界遺産ランキングなどでいつも上位に入ってくるマチュピチュはなんか語感が良いですよね。マチュピチュ。語感だけでそそられる場所です。

さて、信濃町にあるティアスサナは日本人とペルー人のハーフの人が経営してる店で、店名は「スサナおばさん」という意味だそうです。この店のレシピもそのスサナおばさんによるものなんだとか。店主の方はサッカー好きらしく、店内はサッカーグッズ一色。サッカーファンには垂涎のアイテムも置いてあるらしいです(残念ながらサッカーに明るくない自分にはその価値は見い出せず)。
また店内でスポーツ観戦ができるのはもちろん、持ち込んだビデオ(自分たちのスポーツの試合を撮ったものなど)も見ることができるらしいです。

お目当ての料理ですが、ペルーの代表的な料理のフレホーレスとロモサルタードを食べました。それは一体なに?って感じですので説明します。

●フレホーレス
豆を煮込んだものがご飯にかかっている料理でカレーライスのような感じ。ただカレーほどのスパイシーさはなく、優しい味。トマトや豚肉、たまねぎも入っていた。付け合せはチョリソー、パルミート、ポテトサラダ。パルミートはたけのこだと思って食べていたけど、これはヤシの新芽らしいです。

●ロモサルタード
牛肉とたまねぎを炒めたものとフライドポテトがご飯にかかっているもの。これも一見するとカレーに似ているけど、やっぱり違う。個人的にはこっちの方が好きな味だった。

サルサ・クリオーヨというたまねぎの酢漬けが食べ放題なのがうれしい。お新香のような感じでいくらでも食べられる。飲み物はチチャモラーダという紫トウモロコシのジュースと黄金色のインカコーラを頼んだ。

食べている最中はずっと店主の方がペルーの国について映像を流しながら説明してくれた。なかなか陽気そうな国であろうことが店主の方から存分に伝わってきます。その店主の似顔絵をイラストにしてみました。似てなかったらすみません・・・。

とにかくペルーは料理も店主も優しい感じ!
つい刺激を求めてしまう自分には、少し優しすぎて照れくさくなる味です!


―店舗情報―
SPORTS CAFE TIA SUSANA
東京都新宿区信濃町8-11 坂田ビルB1F
http://blog.tiasusana.ciao.jp/

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。