世界の料理を日本で食べる!

世界グルメツアーズ~週末海外パスポートいらずの旅~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フランス料理(11ヶ国目)

フランス

11ヶ国目:フランス料理
店の名前:ラ・フルール・ド・セル
店の場所:久米川(東京)

11ヶ国目はフランス料理です。
フランス料理屋は星の数ほどあれど、めったに行く機会はありません。大人になったらフランス料理や懐石料理をたべるんだろうなーなんて子どものころに思っていましたが、どうやらそれは映画の中の出来事だったようです。中学生の時に受けたテーブルマナー教室で現れたフィンガーボウルは架空のアイテムだったに違いありません。

フランス人の夫と日本人の妻で経営するラ・フルール・ド・セルは久米川駅から歩いてすぐの線路沿いにあります。カジュアルな雰囲気で入りやすいその店へはランチタイムに訪れました。頼んだのは前菜、魚料理or肉料理、デザートを各種ある中から選ぶ1780円のランチのコースで、食後にはコーヒーが付きました。選らんだのは次の2つの組み合わせです。

・田舎風テリーヌ+鶏もも肉のグリル トマトとアンチョビバターソース+キャラメルババロア ラム酒風味
・鶏肉のフランボワーズ風味マリネサラダ+サメのロースト トマトソース&エシャロットガーリックバターソース+バニラパフェミックスベリーソース

たくさんあるメニューの中から選ぶので迷うこと必至です。今回はサメを使った珍しい料理を頼んでみました。料理はどれもおいしく、都心に出なくても地元に良いお店もあるもんだなあ。そんな風に思わせてくれる店でした。

「フルール・ド・セル」とは「塩の花」を意味するフランス語で良質の塩田から取れる大粒の天日塩だそうです。本場フランスで採れるものはとても希少性が高く、高級品なんだとか。焼き鳥は断然タレ派なのですが、フルール・ド・セルだったらありかもしれません。


―店舗情報―
フランス料理 レストラン 『La fleur de sel/ラ・フルール・ド・セル』
東京都東村山市栄町2-5-9
http://www.r-lafleurdesel.com/index.html

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。